日刊フォーエバーヤング

童心忘れるべからず。

日刊フォーエヴァーヤング

あなたは『ながらみ』を知っているか?無茶苦茶うまい高級ちょいグロ貝!

f:id:bebeden1985:20180630102758j:plain

ニーハオ。

日刊とうたいながら、1週間もブログを放置。

と言うのも、出張で遠方へ出ておりまして。

行った先で記事を書ければ良かったのですが、PCそのものを家に忘れるというヘマを犯しましたのです。

気をつけないといけないね。

 

さて今回は、『ながらみ』というものを紹介いたします。

 ながら見 ではないです。ながらスマホ的な。 

 

先に答えを言ってしまうと、

海に住んでいる貝です。

巻貝。

素晴らしき哉、ながらみ

ながらみとは

本州の太平洋っぺりに住んでいる人ならば知っているのかな。

特に千葉県の海岸地域ではメジャーだと思います。九十九里とか行くと道の駅とか魚市場で必ず見かける。

 

f:id:bebeden1985:20180630102647j:plain

こんな感じ。

バリエーション豊かな彩り。

直径2センチくらいの小さな巻貝です。

 

正式名称:ダンベイキサゴ(初めて知った)

生息地:本州、四国、九州の沿岸部の海底(砂)

 

どこにでもいるのですね。

でも、生まれも育ちも都内の友達は『ながらみ』のことを知らなかった。

画像見せたら「え?カタツムリ?きもっ」て。・・・つらい。

タツムリ・・・、その発想はなかったわ

都内で売られているのは見たことないですからね、知らなくて当然か。

 

意外に高級食材

上の画像は一応2キロあります。大量に近所のおじさんが譲ってくれました。

なんでも漁師の知り合いからもらったと言ってました。取得ルートに胡散臭さを感じつつも、ながらみファンとしては貰わずにいられない。

田舎に住んでいると、こういうトコロが本当にオイシイ!

2キロもいただいてしまいました。

 

市販されているのだと、一握りで500円とかします。下手したら1000円とかも。

海っぺりの居酒屋とかでたまに見ますが、やっぱり高いですね。5個くらいで800円とか。

近所のおじさん、本当にありがとう。キラキラ。

 

乱獲?水質汚染?でしょうかね、数が少なくなったのか、最近は価格がすんごい高騰しております。

昔は、死ぬほど安かったんですけどね。どの家庭でもよく食べていたみたいで、普通に道端に殻が大量に捨てられてあったのを覚えてます。

子供の頃、色とりどりの捨てられた貝殻を拾って遊んでたりしてたんですけど、

母に「人ん家のゴミ拾って来ないでよ。汚い。」

と怒られておりました。

人家から排出されたゴミが道端に大量に・・・。あれって、不法投棄?

 

調理の仕方

超絶簡単です。

高級食材を扱うので緊張しますが、ミスのしようがないので安心しましょう。

 

①塩水(小さじ1/1L)に5時間くらいつけて塩抜き。適宜水換えをする。

(塩の分量測るの面倒なので正直適当です。)

②貝どもがたっぷり浸かるくらいの塩水(大さじ1/1L)で2分くらい茹でる。

(これも塩は適当です。)

③冷めるまで放置。

④食う。

 

私はミスって5分近く茹で続けました。

 

「はい、出来上がり!茹でデンデン虫よ〜!」

f:id:bebeden1985:20180630102858j:plain

 

私にはうまそうに見えて仕方ありませんが、初めて見る人はグロいと感じるらしいです。

でも本当にグロいのはここから先です。

 

 

身を取り出して食べる

食べ方は簡単。

他の巻貝のごとく、細長いもので中身を取り出します。

ながらみは、楊枝を使うのがセオリー。

 

f:id:bebeden1985:20180630102721j:plain

ほら、なかなかグロいでしょ?

すんごく綺麗に取り出せました。

ちなみに、これは  メス  です。

 

こっちが オス です。

f:id:bebeden1985:20180630102704j:plain

 

ぐるぐるの色で判別します。メスのが地味なのね。

 

性別を、 

判別する、

器官

・・・。

 

察しの通り、ぐるぐるは生殖器です。(きゃー。)

 

サザエで言うと、奥の方にある う●ち みたいなアレです。

アレを、う●ちと思っている人いますけど、生殖器ですよ。セイショクキ!

大事なトコロだから、奥に隠しているんですね。きっと。

うふふ。

 

んで、ながらみもその生殖器の部分は簡単に取れますので、避けたい人は切ります。(というか上手く取り出せずに途中で切れがち)

 

私は、ここの絶妙な苦味が好みなので、毎回慎重に取り出します。

 

取り出した身は、醤油に付けたり付けなかったり、薬味に生姜を入れたり入れなかったり、好きなように食べます。

私は、 何も付けない派 です。

 

味は、当然ながら貝の味です。ミニサザエ。

そして、柔らかいんだけど絶妙な歯ごたえがある。

小さいので、永遠に食べ続けられる。

ハマること必至!

 

たまにこういう奴もいます。

レンタルハウスの悲しき末路。

f:id:bebeden1985:20180630102827j:plain

 

まとめ

今回はながらみをご紹介しました。

知らなかった人は是非とも食べていただきたい。でもちょっとお高いので要注意。

旅行とか言った時の記念にいかが?

 

ながらみ って知っている?

と聞かれたら、

「あー、生殖器が美味しい奴っしょ?」と答えましょう。

若しくは、

生殖器レイア姫の髪型みたいな奴っしょ?」