日刊フォーエバーヤング

童心忘れるべからず。

日刊フォーエヴァーヤング

スポーツリーダー(スポーツ指導基礎資格)を取ってみた!通信講座でラクラク!

f:id:bebeden1985:20180705103718j:plain

ごきげんよう

突然ですが、私、実はスポーツマンなのです。

バレーボールチームのキャプテンなのです。超絶弱小ですが。

地元のバレー協会さんとも繋がりがあったりして、少年チームの指導を頼まれることもしばしば。私に教わって大丈夫か?

 

そんな背景もありまして、人を指導するにあたり、なんか資格取っておこうかなと思い探してましたところ、「スポーツリーダー」というものを発見しました。

スポーツリーダーとは?

「スポーツリーダー」は、公益財団法人日本スポーツ協会の「公認スポーツ指導者制度」における基礎資格です。
スポーツ指導やボランティアに関する基礎的な知識を身につけ、地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダー的な存在として、大きな活躍が期待されています。

   スポーツリーダー養成講座|生涯学習通信講座|NHK学園

 だそうです。

 

特にこの資格を持ってなければできない事柄はないですが、「指導に関する基礎知識はあるよ!」ってことの証明にはなります。

上位資格の各種競技指導員やコーチ・トレーナーなどの資格を取得する際、一部の学科が免除されるみたいです。

 

もしかしたら、将来、少年チームの監督になるかもしれないし、

そしたら、指導員の資格が必要だし、

とりあえず「スポーツリーダー」取っておくか!

 

てノリで受講してみました。

 

取得方法は通信講座と集合講習会の2通り

スポーツリーダーの資格を取得するには、通信講座集合講習会の2通りがあります。

 

①通信講座

NHK学園で受講できます。他ではできません。

講座期間は、年4期間に分けられる。春夏秋冬。

いつでも応募可能

3回に分けて課題提出

かかる出費、23,100円(税込み)!

 

②集合講習会

都道府県の体育協会が主催。

年に一回ポッキリとか数回しかなかったり。

定員あり。

かかる出費、数千円。

 

 

うーん、講習会で取得した方がリーズナブルですが、タイミングが合わないと厳しいですね。私も受けようと思ったら終わったばかりで、次回は来年という辛い現実。

来年までモチベーション保てるかしら・・・。

 

ということで、通信講座で取得しちまおうということになりました。

 

通信講座の内容

送られてくるもの(テキストとか)

さてさて、入金が済むとNHK学園様からテキスト類が一気に送られてきます。

これがテキスト。本編約170ページ!

紙の質がやたら良いです。もっとしょぼくて良いから安くしてくれ。

f:id:bebeden1985:20180705110431j:plain

 

その他の主な冊子。

f:id:bebeden1985:20180705110603j:plain

 

「学習のてびき」の中には、講座受講中のあらゆる必要情報が書かれていますので、必ず目を通しておきましょう。

 

課題の難易度について

肝心の課題でございますが、テキストにほぼ丸々答えが乗っています。

提出課題集の問題を見て、答えをテキスト内から探し当てるといった感じです。

本来はテキストを熟読して課題に臨むものなのでしょうけど、答えを探している内に自然とテキスト全部に目を通しています。(そう仕向けるために構成されている!?)

 

すべて選択式で、難易度も全く高くありません

落ち着いてテキストを読めばすべての解答が転がっております。

合格基準も全体の6割が正解ならばOKというゆるゆる基準。

全部で100問あるので60問正解なら合格です。気張らずにやりましょう。

正直、難易度的に合格基準が8割正解でも良さそうなぐらいです。

時間がなくいくつかテキトーにやった私ですら97点でした。

 

課題提出の期限に注意 

受講期間中に3度課題を提出するのですが、それぞれ提出期限は決められております。

f:id:bebeden1985:20180706125203j:plain

 

第1回・第2回は多少遅れても大丈夫ですが、第3回に関しては遅れたら一発アウトです。マジで気を付けましょう。

f:id:bebeden1985:20180706130129j:plain

 

合否結果

合格すると

第3回の課題提出の締め切りからおおよそ1ヶ月くらいすると、3度の課題の成績表と合否通知が届きます。

 

無事に合格すると以下のような割と立派な認定証が同封されております。

簡単に取得したとは言え、資格が増えることは喜ばしいです。

f:id:bebeden1985:20180706132055j:plain

上位資格を取得する際に必要なので大切に保管しておきましょう。

 

不合格の場合・・・

万が一、課題が不合格だったら、

一回だけ追試が受けられる救済措置があります。

合否結果の通知に追試課題が同封されているので、解答して提出します。

これも6割が合格基準です。

 

それでも不合格になってしまった人は、「再学習」というプログラムが用意されているようです。

これに関しては、費用がいくらかかる等の詳しい情報は得られませんでした。専用申込用紙というものが追試不合格者に送られてくるらしいです。

不名誉ー。

この難易度で追試まで落ちるって正直よっぽどのことかと・・・。

 

まとめ 

スポーツをやっていて、指導者的ポジションにいる方ならば取っておいて損はないかと思います。

通信講座で取得すると若干費用はかかりますが、難易度も低いですし、仕事をしながらでも簡単に取れる資格です。

 

テキストの内容も、課題だけで済ますには勿体ないくらい充実しております。指導をするなら持っておきたい基礎知識を手に入れることができます!

スポーツ教室の指導者研修で使えそうな内容です。