日刊フォーエバーヤング

童心忘れるべからず。

日刊フォーエヴァーヤング

「カシマゾンビスタジアム2」に参戦!9割頭より体力を使う脱出ゲームだった。

f:id:bebeden1985:20180718095614j:plain

ブエノスディアス。

暑い日が続いております。

そんな暑中の連休、友人に連れられとあるイベントに参加してまいりました。

場所は、茨城県鹿嶋市、鹿島スタジアム。

アントラーズさんのホームでございます。

 

そこで行われたゾンビから逃げ惑うイベントに行ってきたのです。

 

その名も、「カシマゾンビスタジアム2」

 

脱出ゲームと言われてついて行ったのですが、結論から言うとかなり体育会なイベントでございました。

頭より体力を消耗いたします。

 

年1回のイベントなのでネタバレしても良いかなと思いますが、あんまり核心に触れないようにイベントの内容を紹介したいと思います。

始まりはOBの緩い試合

イベント受付を済ますと、スタジアムスタンドに通されます。

定刻になると唐突に始まるアントラーズOBさん達の緩い試合。

現役を過ぎた今、この暑さの中でゲームをするのはさぞお辛いでしょう。

外気温は35度。観てるだけのこちらも辛いです。

イベントが始動前から既にビアが恋しいのです。

 

ゾンビの乱入

そして、試合開始から5分ほど過ぎたとき、鹿島スタジアムのザルなセキュリティが露呈します。

ゾンビが一体のそのそとピッチに乱入!画像じゃ全然伝わらない!!

f:id:bebeden1985:20180718095438j:plain

 

選手が襲われてあたふたしとります。

f:id:bebeden1985:20180718095517j:plain

 

次々に噛まれてのたうち回る選手達。

みなさん、感染しました。

f:id:bebeden1985:20180718095541j:plain

 

急に始まるゾンビゲーム

このあと、自衛隊ぽい前歯の欠けたおじさんが出てきてことのあらましを教えてくれます。

しかし、この時点で私は暑さにやられていたので、

写真を撮るのも忘れ、話もろくに聞かず、友人に任せっきりでした。

どうやら、鹿島にゾンビウイルスが蔓延しており、私たちはスタジアムに散っている謎を解きつつワクチンを手に入れ、街を救わなければならないらしいです。

 

ゾンビイベントの始動

ゲームの流れ

前項で突如現れた前歯なし男、その男がゲームのゴールまでの流れを教えてくれました。

 

①ミッションは全部で6つ。

②ミッションAの謎を解いてスタンドから脱出。

③スタジアム内にあるミッションB〜Dを解く。そうするとミッションEに進める。

④ミッションEを解いて、ミッションXに進む。(先着100名)

⑤ミッションXに進んだ全員で力を合わせてクリアする。→街が救われる。

 

ちなみに、ミッションEクリアまでは時間制限があり、それを過ぎると強制終了です。

バイオハザードで言うところの、「YOU DIED」です。

 

ミッションA〜Eの時間制限はおおよそ1時間強ですかね。

13時に試合が始まり、14時半がミッションEのデッドラインだったので。

 

スタジアム内のゾンビ達

私らが、のんびり試合を見ている間にスタジアム内はゾンビで蔓延しております。

こいつらに捕まっても「YOU DIED」なので気をつけねばなりません。

と行っても噛まれたりはしませぬ。

逃げ惑う人民の腰に付けている白い紐状のものが分かりますかね?

それを取られたら「YOU DIED」なのです。

f:id:bebeden1985:20180718095655j:plain

 

ゾンビ達は割とぬるい動きですが、油断しているとやられます。特に若い男に対しては容赦ないです。

 

ゾンビを一定時間動かなくさせる「ピストル」という武器も売ってます。

買おうとしましたが、すぐに売り切れておりました。

 

だが、しかしセーフティゾーンが存在しております。

それは階段。

イベントの注意書きに「階段は走らぬよう」と書かれており、ゾンビ達もそこは察して階段にはやってきません。

踊り場で涼みながらゾンビを見下ろします。

一応彼らもゾンビじゃない日もあるでしょうから、その辺の社会生活を尊重しぼかしを入れました。暑い中ご苦労様です。

f:id:bebeden1985:20180718095935j:plain

 

頭より体力勝負

さてさて、ゾンビから逃げながら謎を解いていくのですが、

頭より体力を消耗します。

 

ミッションの内容

ミッションA

スタジアムから脱出するミッションAは正直幼稚園児でも解けそうな謎です。

全員出れるはずです。

 

ミッションB

スタジアム内を走り回ります。謎とかじゃないです。

あるものを探して走り回ります。10個くらい。

必要なのは体力だけです。マンパワーが必要でした。

 

ミッションC

謎解きです。駐車場に散りばめられたヒントを解読しながら解いていきます。

結局炎天下で移動しながら解くので体力が必要でした。謎自体は大したことはありません。ただ暑すぎて考えるのがイヤになります。

あと、人がごった返してヒントが見えない。

 

ミッションD

体に特徴のあるゾンビを探すゲームです。

ゾンビに近づかなきゃならないので、非常に気を張り疲れます。ゾーンは室内ですが空調が効いてないので死にます。暑さで「YOU DIDE」です。

スタッフから「一方通行です。」と言われますが、

「本当に戻ってきちゃダメなんですか!?」と聞いたら、

「なるべく・・・」

と言うぼんやりした回答を得ました。

 

ミッションE

ミッションDまで解いたらミッションEに進めます。

ミッションEはゾーン内複数の部屋に散らばっている暗号を解読し、一つの答えを導き出します。ここにきてやっと謎解きらしくなってきました。しかも割と涼しい。

 

やはりこちらも人がごった返しているので、暗号を見つけても見えない。順番待ち。

酷いとその場で暗号の一部を隠したりして解読しようとする輩がいるので全容が見えない。

デッドラインが迫っていると言うのに!写メ撮ってそこ退け!と大人気なく叫んでしまいそうであった。写メというワードが死語である。

 

私たちの戦績

さて、ミッションEまで進んだ私たちでありましたが、結論から申し上げますと、

すべての謎を解明しました。

しかし、先着100名に間に合わなかった。

 

ミッションEを解読すると、最後のミッションXに進むためのチケットをもらえるのですが、もらえなかった。

偽物を渡されました。そんで進めんかった。

 

間に合わなかったのなら、そう言ってくれ。

脱出ゲームでよくある引っ掛け問題で間違った答えを出してしまいバッドエンドなのかと思った。

 

時間切れのアナウンスを聞き、肩を落としながら外に出ると、

ゾンビの群れ。

彼らの社会生活を思い一応ぼかし。

写真撮影に快く応じてくれるゾンビ達。人語も解しているようです。

これなら共存できそうです。

f:id:bebeden1985:20180718095910j:plain

 

ミッションX

さてさて、死んだことになった敗北者たちは再びスタンド席へ戻されます。

そこでこれから始まるミッションXを眺めるようです。

 

ミッションXの内容

再び前歯なし男が現れ、ミッションXの説明をしておりました。

私は暑さと体力の消耗により虚ろ。水飲み過ぎて腹の調子も悪い。

 

んで、内容はピッチ上に落ちているワクチンをゾンビから逃げながら全部集めるというもの。制限時間は4分だか5分だか。

この炎天下に4分も走り続けたら本当に「YOU DIED」。

「先着100名に入らなくて良かった。」と心の中で呟く。

 

下のような地獄絵図をスタンドから眺めます。

シカオも感染しているようです。この暑さ、中の人が心配です。

f:id:bebeden1985:20180718095956j:plain

 

どうやらこのヤクルトのような小瓶がワクチンのようです。

結構集まっておりますね。

みんな頑張れ〜。(他人事)

f:id:bebeden1985:20180718100033j:plain

 

制限時間終了

逃げ惑う人々。見る限りほとんどの人がワクチンよりも逃げることに必死。

 

そして、時間終了ー。

 

見ての通りです。ミッションXに参加してませんが、こんなにもデカデカと示されると屈辱的です。

7本くらいワクチンが足らなかったみたいです。

しっかりやれよ!(他人事)

f:id:bebeden1985:20180718095724j:plain

 

この後、前歯なし男が何か言ってゾンビに追いかけられ去って行きましたが、

暑さと、疲労と、早くビアが飲みたい気持ちとで全然聞いてませんでした。

 

アフターゾンビ

全行程が終わり、 出口を向かう途中でゾンビ達と記念撮影ができます。

その中に著名な方もおりました。

 

秋田豊さま。

f:id:bebeden1985:20180718095814j:plain

 

中田浩二さま。

f:id:bebeden1985:20180718095841j:plain

 

中田さまは表情を見るに人の心を取り戻しつつありますが、

秋田さまは子供と撮影しながらも真顔です。ずっとウォーキングデッド。

 

こんな方もおりました。

f:id:bebeden1985:20180718095744j:plain

鈴木隆行さま。

2002年にベルギーからゴールを奪ったヒーローです。懐かしい。

そして、良い感じにお年を召されてダンディーなおじ様に仕上がっております。

 

ていうか、感染してません。生き残りってやつです。

 

まとめ

来年もあるかわかりませんが、

もし開催されて参加されるようであれば、とにかく暑さ対策を万全に

そして、大人数で参加する人海戦術をオススメします

少人数だと暑さと体力消耗でどうでもよくなります。

 

 暑いし疲れますが、なんだかんだ楽しいです。

そして、終わった後のビアが最高。